SHARP版ATOK

抜くのも入れるのも自己責任と自己努力です。推測変換を使う場合には、▼が使えるのと使えないのでは大きな差が出ます。入れ方は、3種類。一歩間違えると、ハードリセットなので作業中はデフォルトSIPの設定に注意が必要です。

単独

ATOKP.CPLを含めて全部放り込みます。レジストリは探せば一覧がありますが、atok.ppc_arm.CABを入れれば設定されます。このとき、HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Layouts\e0200411が、Keyboard Layoutと違っているとキー入力を受け付けなくなります*1。あわてずすかさず、タップでもリモートでも、レジストリ書き換えてリセットすればOK。作業の過程でATOKのSIPは削除されるので、ATOK SIP関連ファイルは削除可だと思います。

ATOK SIPと併用

ATOKP.CPL以外を放り込めば、atok.ppc2_arm.CABの環境にそのまま差し替えて動いているようです。ちゃんと、推測変換で▼とか▲がでてきます。

MS-IME SIPと併用

パッケージ化しないと緊急時の復旧作業が煩雑なので、試していません。手書き検索がどうしても使いたくなったら試してみます。

以上、妄想でした。

追記:私が妄想したのはEM・ONEからのものです。現時点ではADESから抜いたものは動作しないようです。

*1:Kaiserの場合。Treo750なら大丈夫かな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中