Treo750 WM6が不安定である事について

現在、収集した状況からすると2.18までのWM6 ROMが不安定であった理由は、一つではなかったと考えます。先人の成果および、今回収集した状況から考察するに、本体側の要因として

  • Radio
  • OS(PorkPie、CarrierDB、Messaging含む)
  • 日本語化の手順(tmail統合化含む)
  • ATOK IM(SIP)

が、考えられました。Radioは1.54が出て、関東では最善の一手となったと考えます。他の点についても、OSコアを負荷の軽そうな最新版に置き換え、MessagingとATOKのIMを排除し、PorkPie/CarrierDBも削除し、安定動作しているEM・ONEとKaiserのレジストリを参考にtmail統合、当面可能な範囲で対策を施して、研究用日本語化ROMを作成し、実証試験に入りました。いまだ、結論を出すには早計ではありますが、現在、人柱に志願していただいたテスターの皆様のご報告からは、相当な負荷に耐えている様子です。

今後、さまざまなカスタムROMがでてくるかと思いますが、現時点で研究用ROMとして、良い形で実証結果が出るのではないかと期待しています。研究用ROMはあくまで研究用で、あくまで日陰の存在。皆様におかれましては、そのようにご配慮いただけますようお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中