SSPL-chee

一瞬で鎮火してしまう当たり、さすがは百戦錬磨目白押しのTreo750ユーザーの皆様。時間の問題という話もありますが、ありがたいことです。で、他人にはさせられないいくつかの実験結果を記録。

  • miniSDに純正IPL/SPL入りのNBH入れて、Hard-SPLインストール。
  • Hard-SPLインストーラで、\TempCheにRUU_signed.nbhが展開されたタイミングで純正IPL/SPLのNBHで上書き。インストール。

どちらも、Hard-SPLは健在でした。ほんと硬い。miniSD経由は塞いであるとは思いましたが、現時点でお手軽な書き戻しはできないということになります。やるとしたら、olipro版のJumpSPLをコンパイルして、IPL/SPLロードしてブートローダー起動。そこから上書きということになります。仮にHard-SPL解除できても、そもそもSuperCID化は解除できないんで、それだけの差なんですけど。

現時点では、SSPL-KaisでSuperCID化も解除できる*1Kaiserとは、大分事情が違うということになります。ネタとしては、面白みはありませんが、頑丈なのは良いことだ。ということで。

*1:最終手段なので、とっても危険

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中