作業記録

  • TimeZone対策(?)
  • AltKeys削除
  • QuickTour等削除
  • plmowelcomeのlocale対応
  • サンプルイメージ等削除
  • ATOK.CPLが使える様にkeyboard layout設定変更

追記:plmowelcomeを削除するとCapPackageがインストールされなくなる

広告

作業記録」への12件のフィードバック

  1. こんばんは。こっちにお邪魔しますね。timezone直りません。ROM焼きまくりです。timezoneinformationとかappinfo、色々見てますが分かりませんねぇ。

  2. nnnさん、こんばんは。こちらでは出し入れ問題ないみたいです。ぐちゃぐちゃなのですが、結局変わったのはplmowelcomeのLocale対応と、HKLM¥Software¥Microsoft¥ClockにVisit=13fしか効いてないと思うのですが、起動後確認すると、Visitはパリだし、訳わかんないです(>_<)

  3. ご苦労様です。オリジナルROMでは”DefaultTimeZoneIndex”がdword:55ですが、研究ROMでは4になっています。この4ってどこでしょう。うちのVistaはまだ稼働4ヶ月で腐っていないと思いたいです。今は2.23のOSだけ焼いて試すところです。

  4. 4=Pacific USですね。ミソはここかな?

  5. そこ怪しいですね。しかも米国DSTシフトするTZだし。

  6. おぉぉ、2.23(tz=dw:55)でもダメじゃん。(^^;

  7. JSTは235(0xEB)ですか・・・って、2.23でもダメですか・・・。それはまさか・・・(^^;

  8. SD経由でファイル時間を確認してみます。

  9. ごめんなさい。SD経由だと時間が正しい…。ということは…。Sync時にご丁寧に何かoffsetさせてるんだなぁ。こ、これは仕方ない、逃走!(^^;

  10. いえいえ、plmowelcomeも文字表示されるようになったし、QuickTourも削ってダイエットできたし、助かりました(^^)

  11. これ、SBのproxyセッティングまでやってるんですね。研究用としてすばらしい。私はTreoを使うためにauから緑SIMに変えた口なのでwifiwake回りは外します。Hard-SPLが出てROMクッキングを初めてしましたが面白いですね~。

  12. 私もKaiserのHard-SPLが出てきてからなので、まだ調理歴1ヶ月です。ほんと面白いですよね♪ROM KitchenのベースROMが作れるようになると、完全に新しいAKUからベースROMを作って、パッケージ移植&再構築できるようです(*_*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中