ROM kitchenへの道のり

Treo750でもXIPの吸い出しに成功しました。吸い出し方は、Kaiserとまったく同じなので、そちらの当該スレッドをよく読めばOKです。Hermes用のROM Kitchenのディレクトリツリーを参考に、作業環境を構築。PKGToolでパッケージ単位にバラしたTreo750WM6の2.23ROMを、BuildOSで再構築。実機に焼いて起動を確認しました。

というわけでTreo750でもROM kitchenが使えるということになります。各パッケージからdumpディレクトリを生成できるので、helmi_cさんのように、自力で最新AKUだって入れられちゃうようになる・・・予定。orzな事態が発生しなければですが。

Kaiserも、helmi_cさんのROMはMMS Composerが単体のパッケージになっているので、ROM kitichenで数行のXMLを記述するだけで、出し入れ自在になります♪もっとも、Kaiserユーザーは、気のよい少数精鋭だから、とっくに誰かROM kitichenしてると思います。が、情報は共有して、みんなで幸せということで(^^;

追記:ん~、TreoのROMの方はすんなりはAKU0.7.0入らないですね。やっぱり、先人の教えに従いBaseROMを作って足しこんでいかないと駄目かなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中