XIPのポーティング手順

  • ドナーOS.nb(.payload)からRomMasterでxip.binの取り出し
  • 必要があればdumpして、xipportで再構成
  • レシピエントのOS.nb(.payload)にxipportで書き込み

アロケーションが合っていないのか、起動しない・・・。トホホ。最近、トホホばかり。orz

ToDo: XIPの物理配置が同じ機種から持ってくるなり、XIPリビルドするなり試す。うまくいかなかったら、安定性に影響しないXIPモジュールがらみの例外発生には目をつぶる。安定性に影響するものは逃げる。orz

追記: はぁ、なるほど。他機種用のXIPこそ、dump&rebuildが必要と。xipportって、便利なんだなぁ。ということで、うまくいくか焼き込み中。ちょっと前進♪

追記2: Wizard用5.2.1933のXIPをTreo750に移植成功♪頑張った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中