KeyMapping問題その2

CurLang=409を指定しても、なんだか変。どうやらLCIDかInputCIDを見ている様子で不適合があるとあさっての方向向いたレイアウトに・・・orz

CurLang=411にすると、keypad.dll内の変換テーブルで4番目のレイアウトになる様子。ちまちまとパッチをあてて対応しました(^^;

追記:結局ここまでやると、以前できなかったファイルエクスプローラーキーへのキーコード割り当てもできそうな予感。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中