日本語化作業

  • 基本は偉大な先人達の教え通り
  • WM5ですが、reloadnlsは無くてもLocaleをJapanにできるので、wince.nlsを読み込んでくれている様子。
  • キーボードドライバが00000411で動いてくれない様子。

対策として、HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Layoutsの00000411/e0010411/e0200411で、Keyboard Layout = “00000409”を指定。そのままだと、例のATOKはATOK.CPLを操作したときにe0200411で Keyboard Layout = “00000411”が指定されてしまうので、ATOK.CPLにパッチあて。日本語化しても遅さが気にならないです。WM5のVGA機なのに、なんでこんなにサクサク♪ファイルアクセスが非常に速い印象なので、CPUパワー以上に速く感じます。

WIFIwakeは、先のエントリ通りでConnSBM_noproxy.cabをインストールしてから、実行すれば開通。HSDPAに対応していないので、大きなファイルをダウンロードするときは、遅さが目立ちますが、足腰がしっかりしているので、ブラウジングは非常に軽快です。PIEやOperaのスクロールもスイスイです。Pocket Hack Master入れなくても、速度に不満無いです。

できれば、年内にCABをまとめたいと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中