XIP弄り中

FlameのWM5は、ともかくROMをいじると、あるところから変になります。*1ともかく悩ましいので、とっととWM6のMSXIPKERNELに移行を目論んでいます。XFUFでのディスカッションでWM機のメモリ配置、XIPやIMGFSへの理解が深まったので、とりあえず、XIPのDLLエリアを少し広げて、coredll.dll, device.exe, filesys.exeを手作業でポーティングしました。とりあえずWM5は起動します。ぼちぼち起動を確認しながら、他のモジュールも組み込んでいく予定です。*2

つくづくXIPにドライバ類を押し込んでいるFlameは、WM5ながらサクサクです。XIPメモリ配置のいじり方を学習したので、同様のチューニングをされているデバイスが他にもある一方で、KaiserのXIPはスカスカ・・・動くかどうかはともかく、同様の手法が有効な部分もあるのではないかと目論んでいます。とはいえ、まずは目前の課題を・・・orz

*1:imgfs.dllあたりが怪しいかも

*2:いま、devmgr.dllも組み込んでWM5起動確認

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中