cecompr.dll

Kaiserや、Treo750の cecompr.dllは、Flameのそれに比べると、サイズがかなり小さくなっています。そういう訳で、今までKaiserやTreo750のcecompr.dllは、LZXに対応していんじゃないかと思っていました。

結論としては、XPRからLZXにしてもOK。IMGFSも1~3MB程度小さくできるので、作業時はXPRで、リリース時はLZXという使い分けができそうです。

広告

cecompr.dll」への1件のフィードバック

  1. ぉぉぉ?試してみます。2台とかあったらブートにかかる時間が変わるかとか試せておもしろいかもしれないですね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中