でもすぐこんな感じ(w

shiftと一緒に、残念な128MB Execも引き取ってきました。外装の状態はきわめて良好なので是非ともきれいに復活させて、持ち主のところに返してあげたいものです。パーツ取り用なんて、滅相もない。

今日は時間があったので、まずは軽くバラしてみました。中の基盤もとてもキレイで、パーツも純正品ばかり。ネジの欠品もなく、非常にいいコンディションでした。一つ気になったのは、締め付けトルクが緩くないといけないネジが、かなり強く締め付けてあること。これだと匡体にかかるストレスが、そのまま基盤に伝わってしまいます。また、LCDへのコネクタが少し浮いていたようなので、押しつけておきました。で、今回考案した、「スムーズに抜けるけどスタイラスが落ちない加工」を施して、組み上げ。組み直したら、ENTERキーまわりのタッチの違和感も、ほぼ解消しました。本当にほれぼれする個体です。

あまりにも、絶品コンディションなので、LCDの保護シートも秘蔵のスパプロを塵一つなくキレイに貼り直して、自分を追いつめてみました。

もう一度完全消去して、よく見るとRadioが.17だったので、.18に書き換えて、最新の128MB対応ROMを焼き込み。これから、しばらく安定運用できるか試してみようと思います。

f:id:chai99:20080604123102j:image

やっぱ、128MBは、はえぇぇ!ちなみに、USBコネクタの死亡したExecは、本日、旅立ちました。

広告

でもすぐこんな感じ(w」への3件のフィードバック

  1. 上記画像を見て思わず惚れ惚れしちゃいましたw Uni Bros.とi780のコンビってサマになりますね。自ブログだとアレですが、こちらですと素直にそう思います。Qtekの背面を修復加工したくなりました。あっ、パーツなんて無いかな?探してきます。

  2. 「スムーズに抜けるけどスタイラスが落ちない加工」こちらにも興味があったり。

  3. 裏蓋バラした状態で、スタイラスを収納してみれば、どこでスタイラスをロックしているかが、すぐ分かります(wウレタンフォームを切って、スタイラスの止め爪を補強するように差し込むのがベストだと思うのですが、手元になかったので家具の足に貼るフェルトを使いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中