Windows Live Messenger

WLMの最新パッケージをROMに組み込むとログインできなくて、古いバージョンをCABで組み込むと動いたりと、いろいろ四苦八苦していたのですが、問題点が分かりました。どうやら、SYSパッケージの設定だけでは駄目なようです。というか、UniversalのOEMパッケージのWLM設定が、現在のバージョンと合わなくなっているようです。

OEMパッケージの中にも設定があるので、.RGUと.PROVXMLを”Windows Live”でgrepかけて出てきたところを移植すれば、ばっちりログインできます。分かってしまえば、どうってことありませんね(^^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中