Snow Leopardでeclairのbuild

・インストラクションに従いMacPortsやrepoをインスコ

Java5のインスコ

$ cd /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions

$ sudo rm 1.5.0

$ sudo tar xvzf ~/Downloads/java.1.5.0-leopard.tar.gz

・PATH通し(~/.bash_profile)

export PATH=/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.5.0/Home/bin:/opt/local/bin:$PATH

・Java Preferencesの設定

JavaアプリケーションでJ2SE 5.0 32-bitを最優先に。

・ファイルシステムの作成

hfs+は大文字小文字区別で、Androidのルートパスにスペースが入らないようにマウント。

・リポジトリ作成

$ repo init -u git://android.git.kernel.org/platform/manifest.git -b eclair

$ repo sync

$ cp build/buildspecdefault.mk buildspeck.mk

・buildspec.mkいじり

適当にいじる。gccが4.2だとjavadocのビルドに失敗するので、以下を加える。

CC=gcc-4.0

CXX=g++-4.0

・envsetup.sh

$ . build/envsetup.sh

mmで部分ビルドができる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中