タブレットでてざりんぐ

α7sがCloudyNightsでお祭り状態だったので、
入手してみました。試しにSonner24mm/F1.8で
フルサイズモードにしてみたら周囲ケラれまくり(当然)。
とりあえず、Galaxy Tab Sでテザリングして、
ライブビューとバルブのインターバルタイマーが
使えるところまで確認。

image

30~60秒x数十枚のスタッキングならオートガイダー無しとか
いけちゃうんですかね。はやく晴れないかな。

改造するには夜景が綺麗に写りすぎるので、
まずはマウントは弄らずに光路最適化を画策中。

「○○はフラット補正を獲得した・・・」

M42

続きを読む

Nexstar 8SEで900秒露光

Nexstar 8SEでも900秒露光で撮れるようになったものの、次の難関は画像処理という罠が待ち受けているとは・・・これPSだけじゃ無理だわorz

機材はCelestron Nexstar 8SE+wedge, StarSense, Off-Axis Guider+QHY 5L-II-m, Nightscape 8300C。極軸はおおざっぱ合わせで補正はStarSenseとPHD2任せに。900秒x1、ダーク補正あり、フラット補正なし、スタックなし。撮影地は新宿orz

M42

NexStar 8SEの改造

昨年末に子供の頃から欲しかったセレストロンのシュミットカセグレンを購入。初心者らしく片手フォークの自動導入式(Nexstar 8SE)を購入するも、肉眼で見えない星を見ようと思うと撮影が必要ということに・・・海外の掲示板を見るとNexstar SEマウントは30秒露光が限界と。ここから沼が・・・orz

確かに30秒露光すると成功率が2割。60秒露光だと1割以下。星像が暴れる暴れるorz

上手くいった方法のメモ。 続きを読む

Android StudioにXposedBridgeApi.jarをインポート

Android StudioでXposed Moduleを作成するときにつまずいた。すぐ解決したものの、検索しても転んで起き上がれないケースばかりが引っかかってくるのでのでメモ。

app/libsにXposedBridgeAPI.jarを突っ込んで右クリックメニューからライブラリとして追加を選ぶところは通常通りだが、このままだとXposedBridgeAPI.jarが includeされてしまう。その結果、Framework、Module双方にAPIライブラリの実体が存在してしまうので、実行時にModuleクラスのロードに失敗する。APIライブラリを参照しつつincludeされないようにする必要がある。

キモはapp/build.gradleの記述。

動かない例

dependencies {
// Android Studioが自動生成
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile files('libs/XposedBridgeApi-54.jar')
}

動く例

dependencies {
//    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
//    compile files('libs/XposedBridgeApi-54.jar')
// compile fileTreeをコメントアウトしただけだとビルドできない
    provided files('libs/XposedBridgeApi-54.jar')
}

以上。

SGS2 kernel UV OC CF-CWM

i9100ke7-uv-oc-cwm4-20110623.zip
i9100kf1-uv-oc-cwm4-20110623.zip
i9100kf2-uv-oc-cwm4-20110623.zip
i9100kf4-uv-oc-cwm4-20110623.zip

  • Add new initramfs, but the difference are only recovery-sumsung and a version description.
  • Then, slightly increased the lowest voltage again, because of just a little bit increase of the consumption totally.
  • More large optimization buffers in compile with GCC
  • FYI, with Interactive governor, the max clock is limited 800MHz when the screen is off. And SetCPU’s profile feature is not stable with SGS2.


SGS2 kernel UV OC CF-CWM

i9100ke7 uv oc cwm4 20110621a.zip
i9100kf1 uv oc cwm4 20110621a.zip
UPDATE: 06/22 slightly increased the lowest voltage of CPU Adjusted-Voltage-Scaling.

  • More stability, this is stable version.
  • Correct some problem of working on CF-CWM and CWMManager.
  • Now, you can go around CF-Root and this kernel trough CWMManager.
  • Huge kernel, fully Optimized with GCC-4.5.3 and large CF-Root initramfs.
  • Compact zImage with LZMA compression.
これで当面やり尽くした感あり。たぶんほとんどのEU版で安定動作します。